男が本当に気持ちよくなれるのは、セックスフレンドとのセックス!

男性には、可愛すぎる女性とのセックスには興奮しないという方がいます。たとえば、舞台に上がるような女優さんだとか、清純派で売っている女性タレントだとか。あれらの女性は、一般の男性には手の届かないほどの美人です。それを、芸能人でもなんでもない男が、あんな人とセックスをしても興奮しない、たぶん勃起しないとは、どういう了見なのでしょう。

たしかにそれは生意気な言い草ですが、彼らには彼らなりの理由があるのです。まず、セックスというのは、女性からすれば、男性が身勝手に自分だけ気持ちよくなるもの、といったイメージがあるかもしれません。もちろん、そういうふうな、女性のことを考えていない男もいます。けれども、大抵の男性は、今セックスしている相手が、本当に気持ちよくなっているのか、このやり方で満足してくれているのかと気にするものなのです。

自分だけが気持ちよくなれればいいとは、決して考えていません。出会い何十人もの女性を抱いてきたプレイボーイならいざ知らず、それほど冒険をしてこなかった男性は、自分のテクニックに確たる自信を持っていませんし、女性に満足してもらえているか不安に思うこともあるのです。

ここでタレントの話に戻りますが、男は、そのセックスの相手が、気遣うべき人であったとき、その心配性をさらに強度にするという傾向があります。なぜなら、男である以上は、かっこいいと思われたいですし、「使えない」男とは思われたくないからです。タレントというのは、自分には絶対に手の届かない場所にいる人のこと。それだけ高尚な存在を相手にすれば、求められるテクニックもかなり高度なものになると予想されます。

多くの男性は、それほどの技術を持ち合わせていないし、見た目がそこまで良いわけではないと自覚しているので、恐れ多いとばかりに、「可愛すぎる子では興奮しない」と言うのです。また、その人の清潔なイメージと、性行為にしけこむダークなイメージが、うまく重ならないという場合もあります。

これらの感情は、恋人を相手にしたときと通ずるものがあります。なぜなら、恋人とは、現状自分が最も大切にしている女性のひとりであり、嫌われることはなんとしてでも避けたい存在であるからです。それには、自らの欲望を曝け出さなければならないセックスという場面で、冷静に、慎重に、自分をコントロールし、相手を気持ちよくしてあげなければなりません。その気遣いが、性的興奮を減じてしまうのです。

そういうところを見ても、セフレとのセックスはその快楽の度合いからして理想的だといえるでしょう。好きという感情がないので、気を遣う必要がないですからね。男性が、本当に気持ちの良いセックスをするには、恋人ではなくセフレを作ったほうが、手っ取り早いのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">